■  失敗の症例とは



歯並びの悪さや、噛み合わせの悪さを治したいために、歯列矯正治療を行なっている方の中には、残念な事に治療に失敗されてしまう方もいるようです。高い費用を支払い矯正治療を行なうので、失敗はしたくはありません。歯列矯正治療を初めて、当初の治療期間よりも長い期間治療をすることになってしまった方、歯列矯正治療後に歯の後戻りをしてしまった方。歯列矯正治療中に十分な虫歯予防ができていないために、虫歯になってしまい、虫歯の治療をする事で費用がかさんでしまった方。そんな症例もあるようです。

歯列矯正治療を行なう際に、事前にかかりつけの歯科医院の矯正治療の経験なんかもチェックしておくことも大切かもしれません。矯正治療の専門医の中にも矯正治療がメインで虫歯の治療は行なっていない医院もあるようです。虫歯治療の為に別の歯科医院に足を運ばないといけなくなってしまうこともあるようです。歯列矯正治療で美しい歯並びにするために健康な歯を抜歯してしまうこともあるようです。経験の浅い医師に治療を任せ抜歯をする必要もなかった歯を抜かれてしまったといったケースも稀にあるそうです。

多少のリスクはあるかもしれませんが、矯正治療を行なう際には事前にかかりつけの歯科医院をチェックしておく事も大切でしょう。矯正治療というのは歯を動かす、つまり骨を動かす治療なので間違った形で矯正をしてしまうと、歯並びが美しくなるどころか、歯と歯に隙間ができてしまったり治療前よりも歯並びが悪くなったりすることもあるそうです。様々な矯正治療の症例などがインターネットなどでもチェックする事ができます。矯正治療を考えている方は事前にメリットやデメリットなどもチェックしておく事が大切でしょう。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは