■  歯列矯正のデメリット



何事にもメリットがあればデメリットはあります。歯列矯正治療を行なう際にもメリットは多くありますが、その反面デメリットも必ずあるものです。そんな歯列矯正に関してのデメリットというのは?やはり保険適用がない治療費用でしょう。それ以外には、矯正治療にかかる期間というのは、約1〜2年近くかかると言われているので、長期間にかけて矯正装置を装着している状態になるので精神的にも根気強さが必要になってくるでしょう。それ以外のデメリットというのは?治療の段階で、健康な歯を抜歯してしまうこともあるそうです。また、矯正治療後に歯が後戻りしてしまうといった症例もあるそうです。

幼少期のお子様が歯列矯正を行なう際に、矯正装置を装着している為に発音がしづらくなってしまうことや、矯正装置に衝撃を与えてしまうと壊れてしまうこともあるため、食べ物には十分な注意を払わなくてはいけないようです。また、日頃の歯ブラシのしづらさもあるでしょう。十分な歯ブラシが出来ないため、虫歯になってしまうといったデメリットもあります。歯の矯正と言われるほどなので、骨を動かして矯正していくので、当然ですが若干の違和感と痛みを感じるものです。見た目のイメージも思春期の男女にとっては気になってしまいコンプレックスになってしまうこともあるでしょう。

美しい歯並び・噛み合わせを得るために、歯列矯正をするわけですから、事前に歯列矯正治療に関する基礎的な知識を各自で把握した上で、治療に踏み切るかどうか考えておく事が必要でしょう。デメリットばかりではなく、メリットも多くあります。自分なりに納得いくまで歯列矯正治療について消化しておく事は非常に大切でしょうね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは