■  歯列矯正が必要な代表的症例



美しい口元というのは誰もが憧れるものですが、歯並びが悪い方や噛み合わせが悪い方々は歯科医院へ足を運んで歯列矯正治療を行いますが、一体どういった歯並びだったら歯列矯正治療を行なったほうがいいのか?自分自身の勝手な思い込みで歯並びが悪いと思い込み、多額な費用を出して、歯列矯正治療を行なっている人もおそらくいるのではないかな?歯列矯正治療をする必要が無い歯並びなのに、治療をされているという方もいるようです。

そんな事が現実に起こっているのなら、歯科医院の方も金儲けの為に治療をしているように思えてしまいますが、歯列矯正治療が必要な歯並びの代表的な症状というのは、出っ歯(上顎前突)でしょう。上の歯が下の歯よりも前に突き出している状態の歯並びの方は、矯正治療をされている方が多くいるでしょう。

ご自分で出っ歯かどうか?分からないという方もいるかもしれないので、出っ歯のチェックの仕方を紹介しますが、普通に使用している歯ブラシが上の歯と下の歯の間に、ブラシが入ってしまう方は出っ歯と言われているようです。種類によっても異なるでしょうが、歯ブラシの横幅が約7o〜近くあるようです。スッポリと入ってしまう方は、矯正治療をされた方がいいと言われているようです。

歯列矯正治療の一般的な方法はワイヤーを利用した治療ですが、そんな治療を行なう過程で、綺麗な歯並びを得るために抜歯をする事もあるようです。抜歯をすることを断って理想の歯並びにならずに治療を失敗してしまった方も多くいるようです。信頼できる歯科医師を探し、相談をしていきながら治療をする事が大切でしょう。保険の適用がきかない歯列矯正治療なので、色々な情報をチェックして、自分自身の歯並びの状態を把握した上で治療に望み、綺麗な歯並びを目指しましょうね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは