■  抜歯が必要なケース



歯並びが悪い方や噛み合わせが悪い方などが、歯科医院へ足を運び歯列矯正の治療を行なうことで、美しい歯並びになる為に数年近くかけてワイヤーなどを装着して治療を行ないますが、日本人に最も多いと言われている叢生といった歯並び。もともと日本人の骨格が原因とも言われていますが、アゴの大きさが小さいのだそうです。アゴが小さいため、歯が生えてくる際に、ギュウギュウに並びあって生えてしまい、ガタガタな歯並びになってしまうそうです。一つの椅子に何人もの人間が座ってしまうといったイメージかな?

そんなガタガタな歯並びを治すためには、ワイヤー矯正といった歯列矯正を行ないますが、どうせ矯正治療を行なうのなら、完璧に美しい歯並びを目指すと思います。そんな美しい歯並びを得るために、治療工程で、時には抜歯をする事もあるようです。歯を抜くことに抵抗を感じてしまいますが、抜歯をすることで、噛み合わせも良くなり噛む力が高くなることや、その他の歯の寿命が長くなるということもあるそうです。

矯正治療を行なう上で抜歯をする必要があるという方というのは、かなりひどい歯並び・噛み合わせの悪い方なので、矯正治療では必ず抜歯をするという事はないそうです。そんな歯列矯正治療というのは、ここ最近では非常に多くの治療方法がありますが、その費用というのも安くはありません。保険適用がないために、数十万円はかかるものです。そんな大金をかけて治療を行なうのだから失敗はしたくありませんよね!歯列矯正治療を考えている方は、いくつもの病院の情報をチェックしておく必要があるでしょう。保険適用がない矯正治療は医院によって金額が異なるといわれていますので調べる必要はあるでしょう。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは