■  良くない歯並び



歯列矯正治療をする方々の歯並びというのは、噛み合わせが悪い!歯並びが悪い!という方がワイヤー矯正といった矯正治療を行なうことで歯並びを治されたりしています。歯列矯正治療を行なうには歯科医院へ足を運んでどういった形で治療をした方がいいのか?事前に相談をするものです。そんな治療のなかで、ある程度の歯並びのズレなんかは矯正治療をする事は必要ないようですが、どの程度の歯並びが一般的に良くない歯並びと言われているのでしょうか?

叢生(そうせい)といった歯並びがあるそうですが、ガタガタな歯並びと言われているようです。最も日本人に多いと言われている歯並びなようです。歯と歯が重なりあって生えている歯並びで、原因の一つをあげると、アゴが小さすぎることから歯が並ぶ場所が少なくなってしまい、ガタガタな歯並びになるようです。そんな叢生といったガタガタな歯並びの方が歯列矯正治療を受けられていますが、治療にかかる費用というのは安いものではありません。保険適用がされないのでかなりの費用がかかるもの。

そんな治療を行なう歯科医院も決して失敗することは許されないでしょう。歯列矯正治療を行なう際に、状況によっては抜歯をしてしてしまうこともあるそうです。抜きたくない歯でも、綺麗な歯並びになる為には、余儀なく抜歯をしてしまうこともあるんだそうです。そういう際には、医師との念入りな相談をした上で治療を始めるべきでしょう。

治療が必要と言われている歯並びには、その他に、上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)、開咬(かいこう:前歯が噛まない)といったタイプの歯並びがあるんだそうです。その他に、スキッ歯と言われる、空隙歯列(くうげきしれつ)と言った歯並びの方も日本人には多いかもしれませんね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは