■  小児矯正はいつ頃から?



歯列矯正を行なわれている方の多くは成人になってからが断トツの様に思います。幼い子供が歯列矯正を行なっている姿というのは、比較的に少ないのではないかと思われますが、専門家からの目では幼少期のうちに歯列矯正を行なうほうがいいと言われているようです。具体的な年齢というのは、永久歯が生え変わる時期、小学校にあがる前後が良いと言われているようです。つまり永久歯が生え変わった以降はいつ歯列矯正を行っても基本的には構わないようです。

何故?幼少期に歯列矯正を行なうことが最も良いと言われているのか?子供の頃の顎というのは柔軟性があるようです。また、成長段階の途中で矯正を行なうことが最も治療の効果が現れると言われ、矯正治療が失敗する事も少ないんだそうです。大人の歯(永久歯)が生え揃う前の歯並びというのは、歯と歯の隙間がある事から、スペースをしっかりと確保する事ができるそうで、抜歯をする事なく矯正治療が行なえるというメリットがあるそうです。

また、お子様の歯列矯正の期間というのは、一般成人に比べると短期間で治療が終えるといわれているようです。っと言う事は、費用なども期間が短い為、安い費用で抑えることができるそうです。幼いお子様を持つ両親は、我が子の歯並びや噛み合わせなどを気をつけて注意してチェックしておくことがいいでしょう。気になることがあれば歯科医院へ足を運んで診察を受けることが大事だそうですよ。

お子様の歯並びや顎、噛み合わせなんかが気になったら、矯正治療を迷う事なく行なうことがいいでしょう。顎の形成というのは、12歳の時点で9割が出来上がると言われているようです。気になるなら、12歳までには矯正治療を行なうことがいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは