■  インプラント矯正



歯列矯正の一般的な治療方法といえばワイヤー矯正といったワイヤーで歯と歯を引きよせる。つまり引っ張り合う事で、歯並びや噛み合わせを治すといった治療方法ですが、昨今では色々な治療方法が誕生しています。最も新しいと言われている歯列矯正に『インプラント矯正』がありますが、まだ新しい治療方法な為に、歯科医院でも治療方法として取り入れている場所は比較的少ないようです。

インプラントとは、『人口歯根』という意味だそうです。つまり、人口の歯を利用した矯正治療と言う事ですが、これまでの一般的なワイヤー矯正治療では、個々の歯の状態によっては、抜歯をしたりする事もありました、歯列矯正後に歯並びが矯正前の状態に戻りつつあるといったことも当然あるものです。あくまでも、治療が失敗したという事ではなく、歯列矯正はの意味本来というのは矯正なので、戻ってしまうことも考えられるものです。

インプラント矯正は人口の歯を利用した治療になるので、これまでの一般的な歯列矯正治療よりも費用は高くなりますが、これまでの治療方法とはことなりメリットも十分にあるようです。歯茎に人口の歯を埋める事で矯正治療を行なうといった治療の流れだそうですが、重度の歯並びの悪さや噛み合わせの悪い方が、これまで様々な矯正治療で治すことが困難だった方も、最新のインプラント矯正で治すことができるといった事例もあるようです。

歯並びの状態を診察して矯正治療の方法がなく、歯並びを治すことを断念されていた方も、新しい矯正治療でもしかすると治すことができる可能性が広がってきたと思います。また。インプラント矯正は、治療期間もこれまでの治療方法とは異なり、短期間で治療が行なえるようです。費用は高くなるけど、歯並びが治るかもしれない!という、希望が見えたことで治療を行なってみようと思われる患者さんも多くいるのでしょうね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは