■  マウスピース矯正



歯列矯正を行なったが、少し歯並びが戻ってしまうという事もあるようです。歯列矯正を行なったら永遠に歯並びは戻ることは無いものだと思われがちですが、個々によっては矯正治療後に戻ってしまうということもあるようです。歯列矯正が失敗したと思われてしまっても仕方ありませんが、歯列矯正は永遠に戻ることはないと言った確約というのはないようです。

大人になった歯を矯正装置を利用して歯を動かし歯並び・噛み合わせを改善していく方法ですが、子供のうちなら歯を矯正することができそうですが、大人になった歯は矯正をする事は難しいと思われる方も多くいるようですが、大人になって歯列矯正をされている方が圧倒的に多くいるようです。矯正といえば、歯に金具のような装置をつけて約1〜2年近く矯正をしているイメージですが、最近では矯正治療の方法も多く増え、短期間で治療ができる方法や、見た目も気にならないといったマウスピース矯正といった矯正装置を使用する事で美しい歯並びを手にいれるために治療をされている方も多くいるそうです。

マウスピース矯正というのは、従来の金具や針金なんかを利用せず、透明な装置を歯の裏側に装着して矯正をするといった方法。裏側矯正でのデメリットなどを改善できるといった新しい矯正治療の方法だそうです。裏側矯正治療でのデメリットの多くに、歯の裏側にワイヤーなどの装置をつけることで虫歯になってしまったりするケースが多くあったようですが、マウスピース矯正は取り外しも簡単に行なえることが出来るため、虫歯になるのを防ぐ事ができます。

また、見た目も全く人には知られることもないので気にすることなく人前でも会話をする事が楽しめるでしょう。そんなマウスピース矯正にかかる費用というのは保険適用外のため安くはないものです。歯医者によって金額が異なってくるそうですので、治療を希望されている方は事前に相談をして、治療方法の内容も詳しく聞き納得して治療を決めることが大事ですね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは