■  舌側矯正(リンガルブラケット)



歯列矯正を希望される方がここ数年で非常に多く増えてきているといわれています。歯列矯正というのは、歯並びや噛み合わせを良くするために、歯を動かす事で矯正をするといった治療方法になりますが、歯並びが悪い方が必ず行なわないといけないという治療でもありません。歯並びが悪い事で噛み合わせが悪く、体調不良を起こす原因にもなるといわれてはいますが、矯正治療を行なうもう一つの目的というのは、見た目の美しさなどが一番の目的ではないでしょうか?

そんな矯正治療というのは保険適用外なので治療にかかる費用も安くはありません。それに、一般的に行なわれているワイヤー矯正治療の方法だと、約1年近くは最低でも歯に装置をつけることになります。見た目が気になってしまうといったデメリットもあります。最近の歯列矯正の方法は昔から行なわれているワイヤー矯正以外にも多くの方法が取り入れられています。お年頃の年齢の女性や男性の方は歯に装置をつけている見た目が気になってしまう方もいるでしょう。

矯正をしている事が見た目でも全く分からないと言われている治療方法に、舌側矯正といった方法があるようですが、リンガルブラケットと言われてもいるそうです。歯の表側からは矯正をしていると言う事が全く分からないようで、装置をつけるのは歯の裏側部分。ワイヤーやブラケットといった装置を全て歯の裏側部分に装着するので、一般的なワイヤー矯正治療よりも違和感があると言われています。また、治療期間が通常よりも長くなるとも言われているようです。それに費用も割高。歯列矯正をするために抜歯をする事は治療方法が異なっても歯の状態によっては必要になる事もあるようです。

技術的な問題だと言われていますが、失敗ではないかもしれませんが、ワイヤー矯正よりも舌側矯正治療は技術が非常に必要と言われているようで、思うように歯並びが綺麗にならないということが稀にあるそうです。舌側矯正治療を希望される際には、経験豊富の先生を探すことが美しい歯並びを手にいれることになりそうですね。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは