■  歯列矯正の概要



歯の治療といえば虫歯が思い浮かびますが、歯並びの改善というのも歯医者にかかる理由のひとつでしょう。歯列矯正の大きな目的は、咬み合せの悪さを治すことです。他にも、審美性を保つこと、顎口腔機能を回復させること、なども目的です。矯正によって歯を移動させるか、上顎骨や下顎骨の形態を変化させるのですが、歯科で、歯列矯正を行う科は標榜科として認められています。

やはり、咬み合せの悪さをを修正するのが一番の目的となりますが、咬み合わせの悪さにも、個々の歯の位置が不正、複数の歯の位置が不正、上下顎の歯列弓の位置関係の不正、などがあります。こうしたものは、様々な疾患、機能障害の原因にもなり、これを取り除く歯列矯正の役割は大きいものです。ただ、歯列矯正を行う時期は個々の症例によって異なり、一概には言えません。一般的に、歯列矯正は子供から行わなければいけない、と思われがちですが、大人になってからでも矯正は可能です。

歯並びは顔の印象に少なからず影響するため、何らかの悩みを持つ人も結構多いかもしれません。実際に歯列矯正を行うには、様々な装置が用いられます。大きく分けて、機械的な力で歯の移動や顎の成長の調整を行う機械的矯正装置と、それ自体なんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の機能を整える機能的矯正装置、のふたつがあります。また、矯正治療の後期になり、目的の位置に歯などが移動した後、その位置に固定し、後戻りしないようにする事を保定と言いますが、これも一般的に機械によって行われます。最初に装置が付けられた時は、結構痛みがあるそうですが、1週間もすれば何事もなかったかのように痛くなくなります。

歯列矯正を行うには、後々のトラブルを防ぐためにも、医師の指示を守り、定期的な検診を受けることも大切です。治療の期間がどれくらいかかるか、というのが気がかりでしょうが、通常2〜3年とされています。ただ、最近では新素材や、素材の材料の改良が進歩し、より短期間で治療が行えるようになっているようです。また、どれくらいの間隔で通院するかという事については、月1回くらいが一般的ですが、2〜3ヶ月に1回という場合もあるようです。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは