■  医院選びのポイント



歯列矯正を行いたいと考えた場合、数多い歯科医院から、どの歯科医を選べばよいか迷うかもしれません。今のところ、歯科医院に対し、矯正歯科を診療科目の中に入れるのに、特に資格、規定のようなものはありません。

それでも、やはり矯正歯科専門か、歯列矯正である程度の実績があるところのほうが良さそうな気がします。歯科医選びのチェックポイントとしては、

★1人の医師が全ての科目を受け持っているか
★非常勤矯正医が行っているのか
★一般歯科専門医と別に、矯正歯科専門医が受け持つのか
というあたりをチェックしてみるべきでしょう。

ただ、一般歯科が兼任で歯列矯正を行っているような医院でも、普段から世話になっている馴染みの歯科医なら、ある程度気心も知れているので、治療を受け易い、と言うこともあります。矯正治療の途中に虫歯になった場合、治療を受けやすい、というメリットもあるでしょう。しかし、一般歯科の治療と矯正歯科の治療は根本的に全く異なるものであり、矯正治療は非常に専門性の高い治療であるため、経験のない一般歯科の先生が見よう見まねで矯正治療を行うということはとても危険なことである、ということは頭に入れておくべきです。

日本矯正歯科科学会には、「認定医」制度があり、5年ごとに研修歴や論文の更新の必要があります。さらに、12年以上矯正歯科診療に専念し、研修機関で3年以上の教育や研究にあたった医師には「指導医」という資格も与えられます。こうした実績・資格は医院の看板・広告に表示はできませんが、日本矯正歯科学会のホームページで、都道府県別に調べる事が出来ます。ホームページでこうしたところを調べるのも、医院選びの参考になるでしょう。

勿論、基本的な判断材料としては、いろいろ相談に応じてもらえ、治療前に歯の状態や、具体的にどのような治療を行うか説明してくれて、じっくり検討する時間などを与えてくれる医院などが良心的と言えます。歯列矯正は長い期間がかかり、少なからず費用もかかるので、医師やスタッフとの相性なども含め、医院選びから、慎重に行うのが重要です。矯正治療には専門的な知識や多数の症例についての治療経験が必要となります。何かの時にも早目に矯正歯科医が対応してくれるような体制も医院選びの判断基準になるでしょう。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは