■  メリットは?



歯列矯正は、装置を着用しなければいけないし、着用も長期間続くことから、敬遠する人もいるようですが、やはり、メリットも大きいものです。何と言ってもやはり、見た目が美しくなるという事があります。特に女性は、美しい笑顔による第一印象が大事でしょう。これには、綺麗な歯並びは欠かせないと言えます。外見的なメリットだけでなく、内面でも、健康のために、歯列矯正は大事なものです。歯列矯正で咬み合わせを改善することで、食べ物を上手く咬めるようになると、固い物も食べられるようになり、胃腸への負担も減ります。

原因不明の頭痛、肩こり、睡眠障害などに悩まされていた患者が、歯列矯正治療を受けたことで、そうした症状が嘘のように消えた、という話も良く聞くものです。きちんと噛みしめられる事は、運動や勉強でも、集中力が高まるなど、良い影響がある事は、いろいろなところの実験で立証されています。このように歯列矯正は、体全体の健康維持にも大きく関わってくるのです。歯列矯正治療期間は、装置装着中の歯磨きの指導が行われるなど、虫歯予防についても心がけが身に付くようになり、これも結構大きなメリットとなるようです。

欧米では、美しい歯並びを伴うことが、人を判断する材料にもなるくらいです。このため、子供が生まれたら、まず歯列矯正に向けて、貯金をはじめる、といわれているくらいです。日本でも、国際化社会の進展に伴い、こうした意識が今後はより浸透してくるかも知れませんし、海外に旅行、赴任する予定がある人などにとっては、やはり、歯並びによる外観の心がけがも大事となるでしょう。こうした様々なメリットは、自分の自信にもつながるでしょう。

歯並びの悪さが気になり、思いきり笑うことができずいつも暗い表情だったのが、歯科矯正を行ったことで、表情が明るくなったというケースもあります。また、歯並びの悪さからサ・タ・ラ行の発音がうまくできなかったのが、歯科矯正できちんと発音できるようになり、前向きに人と話せるようになった、というケースもあります。このように、コンプレックスの解消になり、様々な場面で良い影響をもたらすことになるのです。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは