■  歯列矯正の流れ



歯列矯正は、治療に長い期間を要し、日常の生活にも結構負担がかかってくる、というところが、最大のデメリットでしょう。事前によく心がける必要があります。歯列矯正に要する期間は、マルチブラケットという装置を付けてから大体2〜3年くらいですが、人により、多少は個人差があります。矯正の程度によっても期間は左右されるため、治療を開始するに当たり、将来的な予定なども医師によく伝え、治療計画を立てるべきです。

子供のうちの歯列矯正は、歯の動きもよいので、成人より比較的早くマルチブラケットの装着期が終わるようです。マルチブラケットの装着期の後、リテーナーというものを付けるのですが、その期間も、最低1年、もしくはそれ以上の期間にわたって使用するのが望ましいとされています。治療は長期間に及ぶので、やはり、まず信頼できる医師を見つけることから始まります。医師を決め、良く相談してから、矯正治療開始になります。

矯正のための装置を付ける事になりますが、治療の内容によって装置は異なります。その後、月に1度ほど通院し、ワイヤー調節をしたり、装置に異常がないか、歯が予定通りに動いているか確かめます。予定通りに歯並びが整ったら、それを維持するよう、リテーナーという保定装置を付け、新しい位置で安定するまで装着します。この期間も3ヶ月から6ヶ月に1度の割合で通院し、チェックなどをしてもらいます。

目的どおり、きちんと歯並びが整ったら、一応、治療成功で、終了と言うことになりますが、せっかく整った歯並びや噛み合わせを維持する為には、定期健診も必ず受ける必要があります。矯正治療が終わっても半年に一度くらいの割合で定期健診を受けることです。歯磨きの仕方などの指導も行われるので、正しい歯磨きを心がけるのも大事です。歯列矯正を考えている人は、こうした流れを把握しておくのも良いでしょう。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは