■  制限される食べ物



歯列矯正は、手術などを行わずに歯並びを整えるものです。歯に装置を付けるため、治療当初はどうしても違和感や痛みを感じたりするもののようです。さらに、歯列矯正を行っている間は、食事、食べるものでも、ある程度の制限が生じたりします。例えば、食べるとよくないものがあります。

・ガム(装置の奥の奥に入って自力で取れなくなる)
・キャラメル(装置の間や歯と歯の間へへばり付き、弾力があって装置が取れてしまう)
・餅(歯についてがちがちに固まって取れなくなる可能性あり)
・せんべい(歯について、弾力が増すと装置が取れそうになる)

こうして見ると、歯にくっつくような食べ物は、歯列矯正が終わるまでは我慢しなければいけない、というのが分かります。ただ、飴は噛まなければ問題無く、せんべいも、ゆっくり食べるようにすれば、大丈夫なようです。他に、

・ねぎ(ワイヤーや装置に絡みやすい)
・ほうれん草(繊維が長い為、絡まりやすい)
・パン類(ネッチリと固まって歯に付く)

これら繊維の多い食べ物は、装置に絡まりやすく、指で取ろうとしたりすると装置が外れてしまう事も多いようで、食べてはいけないわけではありませんが、やや注意がいるようです。
他に、

・チョコレートやお饅頭などのねっとりとした食べ物
・金平ごぼう

なども注意がいるようです歯が痛い時には、豆腐、卵豆腐、温野菜、スープ、うどん、ヨーグルト、おかゆ、豆乳、ゼリーなどが良いようです。歯が痛いときは、舌で咀嚼できる食べ物にするなどで、出来るだけ歯に負担をかけないようにすることです。歯列矯正は治療に長い期間を要すので、日常生活にも深く関わってくることになります。その中でも、毎日摂る食事には、いろいろと注意すべきこと、心がけなければいけないことが多いようなので、治療を受ける前に、心がけを持っておく必要があるみたいです。

子どものうちから歯列矯正を行う場合、こうした、食べ物の制限は、結構負担が大きいものと感じることになるかもしれませんが、途中で挫折させないよう、きちんと説明もしておくべきでしょう。勿論、歯に負担がかからないからといって、お菓子類などはいくら食べても構わない、とするのもよくありません。


スポンサードリンク

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 制限される食べ物
★ 小児矯正はいつ頃から?
★ 抜歯が必要なケース
★ 失敗の症例とは